ワインのソムリエが一時ブームでしたので、「きき酒」という言葉もみなさん聞いたことがあると思います。

きき酒の目的や方法について説明します。

酒屋さん:焼酎の味わいが値段に見合っているかどうかを判断するためのものです。
杜氏(とうじ、とじ。醸造工程を行う職人のこと):焼酎の仕上がりを見るのが目的です。
アマチュア:自分の好みの味わいであるかを判断するためです。

ここでは、アマチュアのきき酒についてご紹介します。
きき酒は、味を見るだけではありません。
色や香り、後味など焼酎の全てを味わい楽しむためのものです。
きき酒の仕方は、以下のとおりです。

1.焼酎の色を見ます。
通常の焼酎は無色で透明ですが、樽で貯蔵された琥珀色のものや薄く濁っている無濾過のものもあります。

2.焼酎の香りを楽しみます。
ワインのように器の中で軽く回します。

3.焼酎を口に含みます。
口の中で舌を転がしながら味を感じ取ります。
次に口に含んだまま鼻から息を吐いて、香りの広がりを楽しみます。

4.焼酎の後味を楽しみます。
喉を通った後の余韻を感じ取ります。

焼酎にはいろいろな原料が使われているので、それぞれの原料の特徴を知る事が焼酎のきき酒のポイントといえるでしょう。
種類別の味わい方は、

◆麦焼酎:大麦の華やかな香りとまろやかな甘さ、濃厚さを味わいましょう。

◆米焼酎:お米のやさしい香りと軽やかな甘さ、柔らかな味わいが特徴です。

◆いも焼酎:さつまいもの持つ甘くて柔らかな香りとすっきりとした味わいを楽しんでください。

◆そば焼酎:そばの持つさわやかな香りとおだやかで軽やかな甘さに特徴があります。

◆黒糖焼酎:黒糖特有の南国を思わせる甘みとすっきりとしたコクを味わい楽しみましょう。

◆ごま焼酎:ごまの香ばしい香り、軽やかでほのかな甘さを楽しみましょう。

◆粕取り焼酎:吟醸酒のような華やかな香りとまろやかですっきりとした味わいです。

◆泡盛:甘い香りと深くてコクのあるまろやかさを味わってみてください。

きき酒を行うことによって、自分に合った焼酎の基準ができます。
今日の自分の気分にはどんな焼酎が合うか、出された料理に対してどんな焼酎を合わせたらいいかなど、焼酎を選ぶ楽しみにもなると思います。

モーニング娘。のなっちは初恋の味

Posted in 未分類
hiroto

焼酎人気の理由に関係あるかどうかはわかりませんが、焼酎は保存方法がほかのお酒に比べて簡単です。

清酒やワインなどの醸造酒は、保存方法に注意しないと変色してしまったり、味が悪くなったりしてしまいます。

日本酒など、古くなると酢になるとよくいわれますよね(実際、腐るとすっぱくなりますが、お酢になるわけではないです)。

蒸留酒である焼酎は、特に気を遣って保存する必要はありません。
でも、おいしく味わうためには秘訣があります。
ここでは焼酎の保存のポイントをご紹介します。

◆直射日光や極端に暑くなる場所は避けましょう。
温度の変化しない、冷暗所に保存するようにしてください。

◆焼酎のビンは必ず立てて保存しましょう。
ビンを横に倒すて保存すると、空気に触れる部分が多くなってしまいます。立てた状態で保存してください。

◆長期保存時のポイント
長期で保存する時は、ダンボールの中に入れたり、新聞紙に包んだりして保存してください。
この場合もビンは必ず立てた状態にしておいてください。

透明のビンの焼酎は、直射日光だけでなく蛍光灯の光にも弱いのです。光を遮る工夫をしてください。
ダンボールや新聞紙に、焼酎の製造年月日や購入日を書いておくといいでしょう。

◆飲み残しがある場合。
飲み残しがあると、開封していない状態よりビンの中により多くの空気が入っています。

酸化しやすくなりますが、清酒やワインのような醸造酒のように早く飲みきらなければいけないという事はありません。
通常、3ヶ月~半年ぐらいまでは味が変わらず飲むことができるでしょう。

飲んでみて、味や香りがおかしくなければ大丈夫です。
ただし、無濾過の焼酎は変質しやすくなります。

◆開封後保存していた焼酎を飲む時の注意。
表面にフーゼル油が浮いて味が変わっている事がありますので、ビンを軽く上下に振ってから飲んでください。

Posted in 未分類
hiroto

焼酎って、健康にいいお酒だったんですね。みなさん、知ってましたか?

ほとんどのお酒は、飲むと体内の「ウロキナーゼ」という酵素を増やす効果があります。
ウロキナーゼは、体内にできた血栓を溶かす作用があります。つまり、ウロキナーゼが増えるということは、心筋梗塞や脳梗塞の予防につながるのです。

乙類焼酎(本格焼酎)はウロキナーゼを増やす効果がとても高く、麦焼酎やそば焼酎はその中でも特にずば抜けています。
焼酎の製造過程で、蒸留した時に抽出される有効成分がウロキナーゼの生成を促しているようです。

身体にいいお酒というと、ワインが思い浮かぶと思います。
ワインに含まれる「ポリフェノール」は血栓ができるのを防ぐ効果はありますが、既にある血栓を溶かす作用はないのです。

実はワインよりも焼酎の方が、血液をサラサラにする効果が高いのです。
血液がサラサラになると、身体の内面からきれいになるので美肌効果もありますよ。

また、継続的に焼酎を適量飲んでいる人は、血圧が安定してコレステロール値が下がるそうです。
さらには、血栓を防ぐ善玉コレステロールの増加作用もあるのですね。

身体の機能は向上、美肌になり、さらにはストレスも解消してくれる焼酎は、本当に「百薬の長」と言えますね。

お酒が飲めない人は、焼酎を料理酒として料理に使うとその効果を得る事ができます。焼酎は加熱するとアルコール分が飛んでしまうので、香りもなくなり料理に焼酎を使ったという違和感はなくなるのだそうです。

たとえアルコール分が抜けてしまっても、焼酎を飲んだ場合と変わらない効果があるそうですよ。

Posted in 未分類
hiroto

お酒を飲んで健康になる。お酒の好きな人には理想ですよね。

実は、焼酎は飲んで健康になれるお酒のひとつなのです。
生活習慣病の予防に効果があると言われているのです。
ほんとに「百薬の長」というわけです。

生活習慣病の一つに「血栓」があります。これが、脳血栓や動脈硬化などの原因となります。

人間には身体の中で血栓を溶かすメカニズムがあるそうですが、ストレスや恐怖心などから自分の身を守ろうとする防衛本能が働くと、血液が固まって、詰まりやすくなってしまうのです。

そうなると、血液の流れが悪くなり、細胞に栄養が行き届かないために細胞は死んでしまいます。

乙類焼酎(本格焼酎)には体内の血栓を溶かす作用がある酵素「ウロキナーゼ」を含んでいます。
焼酎を飲む人は、飲まない人の2倍のウロキナーゼを体内に持っているそうです。

焼酎を飲まなくても、香りをたった5分嗅ぐだけで血液がサラサラになると言われています。お酒が苦手な人は香りを嗅いでみてください。

焼酎は、コレステロールを減らす効果もあります。
コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2つがあるのはみなさんご存じでしょう。

アルコール度数25~30%のお酒(焼酎)が体内に入ると、善玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールを肝臓に運びます。
つまり焼酎を飲むと、血管内に付着した余分なコレステロールを追い出し、心筋梗塞や動脈硬化を予防してくれるというわけです。

また、血栓ができると認知症を伴う事があります。
認知症は、初期段階において症状の軽い時は、血液の流れがいい時だと判明しています。

つまり、焼酎は血液をサラサラにするので、認知症の予防にはうってつけというわけです。

焼酎には血液の流れを良くし炎症を抑える効果もあり、痛みや腫れ、発熱などを改善してくれます。
その他にも、ストレス解消や精神安定、消毒薬としての殺菌作用、美肌などにも効果があるようです。

しかし、いくら焼酎が身体に良くても飲み過ぎは禁物です。
1回に飲む量は、アルコール度数が25%の焼酎なら120ml、35%の焼酎なら85ml以下が適量です。

また、焼酎:水の割合が5:5で飲んだ場合は、肝臓が1時間で分解できるアルコール量は体重1kgに対して0.1gです。
そして8時間の睡眠で分解できるアルコールの量は40gです。
健康のために、適量を守って楽しみたいものです。

Posted in 未分類
hiroto

「酒は百薬の長」と昔の中国人は言ったそうです。

実際に言ったかどうかはともかく、焼酎は健康にいいお酒とされています。
ここでは、焼酎による3種類の健康法「飲む」「香り」「塗る」を紹介しましょう。

◆「飲む」 ご家庭で簡単にできる健康酒!
〈アロエ酒〉は美容に最適! 便秘を改善し、発毛を促進します。
1.アロエの葉5cmくらいを水洗いして切ります。

2.アロエと乙類焼酎(本格焼酎)720mlを容器に入れ、はちみつ大さじ2杯を加えます。

3.直射日光を避けた冷暗所に3ヶ月保存します。アロエを取り出したらできあがりです。

〈ピーナッツ酒〉で高血圧や高脂血症を予防しよう!
1.ピーナッツ300gの殻をむきます。※薄皮はついたままでかまいません。

2.ピーナッツと乙類焼酎(本格焼酎)720mlを容器に入れます。

3.直射日光の当たらない冷暗所で半年間保存したら、おいしいピーナッツ酒のできあがりです。

◆「香り」 焼酎の香りで血液をサラサラに!
焼酎には、血液をサラサラにする作用があります。
直接、焼酎を飲まなくても、その香りを嗅ぐだけでも同様の効果があるそうです。

焼酎を弱火で燗にしている時に、飲み頃になるまで焼酎の香りを嗅いでみましょう。
これだけで、焼酎を飲んでいる人と変わらないサラサラ効果が得られます。
お酒に特に弱い人は、酔わない程度に試してみてください。

◆「塗る」 焼酎で体の痛みを解消!
1.乙類焼酎(本格焼酎)720mlに唐辛子4本を入れます。
2.直射日光の当たらない冷暗所で1ヶ月保存して「焼酎鎮痛薬」のできあがりです。

できあがったら、手で患部に塗りこんでみましょう。
肩こりや関節痛、腰痛に効果があるといわれています。
乙類焼酎(本格焼酎)の方が良いですが、甲類焼酎(ホワイトリカー)でもOKです。

Posted in 未分類
hiroto