「酒は百薬の長」と昔の中国人は言ったそうです。

実際に言ったかどうかはともかく、焼酎は健康にいいお酒とされています。
ここでは、焼酎による3種類の健康法「飲む」「香り」「塗る」を紹介しましょう。

◆「飲む」 ご家庭で簡単にできる健康酒!
〈アロエ酒〉は美容に最適! 便秘を改善し、発毛を促進します。
1.アロエの葉5cmくらいを水洗いして切ります。

2.アロエと乙類焼酎(本格焼酎)720mlを容器に入れ、はちみつ大さじ2杯を加えます。

3.直射日光を避けた冷暗所に3ヶ月保存します。アロエを取り出したらできあがりです。

〈ピーナッツ酒〉で高血圧や高脂血症を予防しよう!
1.ピーナッツ300gの殻をむきます。※薄皮はついたままでかまいません。

2.ピーナッツと乙類焼酎(本格焼酎)720mlを容器に入れます。

3.直射日光の当たらない冷暗所で半年間保存したら、おいしいピーナッツ酒のできあがりです。

◆「香り」 焼酎の香りで血液をサラサラに!
焼酎には、血液をサラサラにする作用があります。
直接、焼酎を飲まなくても、その香りを嗅ぐだけでも同様の効果があるそうです。

焼酎を弱火で燗にしている時に、飲み頃になるまで焼酎の香りを嗅いでみましょう。
これだけで、焼酎を飲んでいる人と変わらないサラサラ効果が得られます。
お酒に特に弱い人は、酔わない程度に試してみてください。

◆「塗る」 焼酎で体の痛みを解消!
1.乙類焼酎(本格焼酎)720mlに唐辛子4本を入れます。
2.直射日光の当たらない冷暗所で1ヶ月保存して「焼酎鎮痛薬」のできあがりです。

できあがったら、手で患部に塗りこんでみましょう。
肩こりや関節痛、腰痛に効果があるといわれています。
乙類焼酎(本格焼酎)の方が良いですが、甲類焼酎(ホワイトリカー)でもOKです。

Posted in 未分類
hiroto