ワインのソムリエが一時ブームでしたので、「きき酒」という言葉もみなさん聞いたことがあると思います。

きき酒の目的や方法について説明します。

酒屋さん:焼酎の味わいが値段に見合っているかどうかを判断するためのものです。
杜氏(とうじ、とじ。醸造工程を行う職人のこと):焼酎の仕上がりを見るのが目的です。
アマチュア:自分の好みの味わいであるかを判断するためです。

ここでは、アマチュアのきき酒についてご紹介します。
きき酒は、味を見るだけではありません。
色や香り、後味など焼酎の全てを味わい楽しむためのものです。
きき酒の仕方は、以下のとおりです。

1.焼酎の色を見ます。
通常の焼酎は無色で透明ですが、樽で貯蔵された琥珀色のものや薄く濁っている無濾過のものもあります。

2.焼酎の香りを楽しみます。
ワインのように器の中で軽く回します。

3.焼酎を口に含みます。
口の中で舌を転がしながら味を感じ取ります。
次に口に含んだまま鼻から息を吐いて、香りの広がりを楽しみます。

4.焼酎の後味を楽しみます。
喉を通った後の余韻を感じ取ります。

焼酎にはいろいろな原料が使われているので、それぞれの原料の特徴を知る事が焼酎のきき酒のポイントといえるでしょう。
種類別の味わい方は、

◆麦焼酎:大麦の華やかな香りとまろやかな甘さ、濃厚さを味わいましょう。

◆米焼酎:お米のやさしい香りと軽やかな甘さ、柔らかな味わいが特徴です。

◆いも焼酎:さつまいもの持つ甘くて柔らかな香りとすっきりとした味わいを楽しんでください。

◆そば焼酎:そばの持つさわやかな香りとおだやかで軽やかな甘さに特徴があります。

◆黒糖焼酎:黒糖特有の南国を思わせる甘みとすっきりとしたコクを味わい楽しみましょう。

◆ごま焼酎:ごまの香ばしい香り、軽やかでほのかな甘さを楽しみましょう。

◆粕取り焼酎:吟醸酒のような華やかな香りとまろやかですっきりとした味わいです。

◆泡盛:甘い香りと深くてコクのあるまろやかさを味わってみてください。

きき酒を行うことによって、自分に合った焼酎の基準ができます。
今日の自分の気分にはどんな焼酎が合うか、出された料理に対してどんな焼酎を合わせたらいいかなど、焼酎を選ぶ楽しみにもなると思います。

モーニング娘。のなっちは初恋の味

Posted in 未分類
hiroto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>