焼酎って、健康にいいお酒だったんですね。みなさん、知ってましたか?

ほとんどのお酒は、飲むと体内の「ウロキナーゼ」という酵素を増やす効果があります。
ウロキナーゼは、体内にできた血栓を溶かす作用があります。つまり、ウロキナーゼが増えるということは、心筋梗塞や脳梗塞の予防につながるのです。

乙類焼酎(本格焼酎)はウロキナーゼを増やす効果がとても高く、麦焼酎やそば焼酎はその中でも特にずば抜けています。
焼酎の製造過程で、蒸留した時に抽出される有効成分がウロキナーゼの生成を促しているようです。

身体にいいお酒というと、ワインが思い浮かぶと思います。
ワインに含まれる「ポリフェノール」は血栓ができるのを防ぐ効果はありますが、既にある血栓を溶かす作用はないのです。

実はワインよりも焼酎の方が、血液をサラサラにする効果が高いのです。
血液がサラサラになると、身体の内面からきれいになるので美肌効果もありますよ。

また、継続的に焼酎を適量飲んでいる人は、血圧が安定してコレステロール値が下がるそうです。
さらには、血栓を防ぐ善玉コレステロールの増加作用もあるのですね。

身体の機能は向上、美肌になり、さらにはストレスも解消してくれる焼酎は、本当に「百薬の長」と言えますね。

お酒が飲めない人は、焼酎を料理酒として料理に使うとその効果を得る事ができます。焼酎は加熱するとアルコール分が飛んでしまうので、香りもなくなり料理に焼酎を使ったという違和感はなくなるのだそうです。

たとえアルコール分が抜けてしまっても、焼酎を飲んだ場合と変わらない効果があるそうですよ。

Posted in 未分類
hiroto

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>